インフルエンザ対策

2019.11.4

滋賀 草津 森歯科医院 タカダ

インフルエンザの季節がやってきました。

手洗いうがいを心掛けておられると思いますが、口腔ケアも大切だそうです。

冬には空気が乾燥する為、ウイルス発生しやすくなる為、風邪やインフルエンザが流行します。

口の中の細菌が増えると、インフルエンザのウイルスが侵入しやすい状態になり、感染しやすくなります。

舌に舌苔が厚く付いているとそこにウイルスが付着し、体内に侵入しやすくなりますので、舌のクリーニングも忘れずに行いましょう。

舌のケアは1日1回で大丈夫です。

朝起きて一番始めに舌磨きを行いましょう。睡眠中は口の中で細菌が繁殖しやすく、舌苔があると細菌の格好の生息場所となっています。朝起きてすぐの舌は、1日のうちで一番汚れているので、このタイミングで行うと効果的です。

ゴシゴシ磨くのはNGです。

優しく奥から舌端に向けけゆっくりなでる程度で大丈夫です。

舌のクリーニングと口腔ケアをして、インフルエンザをしっかり予防しましょう。

滋賀県草津市 歯医者/歯科 森歯科医院

日付:   カテゴリ:●予防●, DA高田のブログ